化粧したような印象にできるため女性からの支持が高い施術法

ロゴ

「入れ墨」と「アートメイク」の違い

入れ墨はとアートメイクは同じ分類であるといわれることが多いですが、実際には少し違います。入れ墨は皮膚の奥にまで色を染めていくため永久的に色が残りますが、アートメイクの場合は皮膚の表面に色をいれるため数年で元の肌色に戻ります。

施術をしてメイク顔を維持

女の人

メイクにかかる時間が長い

大人になると印象を綺麗に見せたいことからメイクをする人も増えるでしょう。しかしメイクは人によって1時間や2時間などの長い時間をかけてしまう人がいます。それを毎日繰り返すとなると相当の時間をメイクで削っていることになるでしょう。

見た目を美しくできる施術

アートメイクとは目元や眉に色のついた薬剤を着色していくことで、アイラインやアイブロウなどを描いているかのように見せるものです。また一度アートメイクをすれば洗面談で顔を洗っても落ちることはないため、メイクを落とした状態でもメイクしたような顔を維持できるのです。

トラブルが起こることも理解しておこう

アートメイクは高度な技術を要するとされているため、美容外科でアートメイクの施術をする際は腕の自信のあるプロの医師に依頼するようにしてください。もし経験の浅い医師が施術をすると術後に肌トラブルが起こることもあるので注意が必要です。

目の下のクマは裏ハムラ法で治そう♪
施術の特徴など紹介中!

シミはレーザー治療で決まり
根本的な肌トラブルの原因を解消できる!

新着情報

すっぴんとメイク後の顔が違う

女性はメイクのやり方自体で顔の印象を大きく変えることができます。がっつりメイクをしてしまうとすっぴんとメイク後の顔の印象がかなり違うという人もいるでしょう。アートメイクをすればすっぴんでも綺麗な顔立ちのままでいられます。

施術を完了するまでの流れをチェック

化粧を落とした状態で美容外科に行く

アートメイクをする場合は美容外科で施術をしなければならないため、まずは予約をしておくようにしましょう。混雑している場合は予約希望日が既に埋まっている可能性もあります。また全てメイクを落とした上で来院をするようにしてください。

施術箇所やデザインを決めていく

アートメイクにはアイブロウやアイライン、アイシャドウなど部位別に施術をすることができます。また他にもセットメニューもあるので、目元を完璧に整えたいならセットメニューを選びましょう。施術箇所が決まり次第、医師とともにデザインを決めていきます。

施術で色素を入れていく

段階ごとに分けてアートメイクの施術をしていきますが、最初の施術では薄く色素を入れていくのが特徴です。それでも施術直後は濃く見えて違和感があることも多いでしょう。日数が経つごとに少しずつ色素が薄まって自然な仕上がりになります。

二回目の色素入れ

一回目の施術よりも二回目は色素を濃くしていくため、一回目と同様施術後は色が濃い印象を受ける事が多いです。二回目からの施術で仕上がりの良い状態になり、アイラインやアイブロウを引かなくても自然な状態を保つことができるでしょう。

トラブルはすぐに医師へ診てもらう

直接肌に刺激させるためアートメイクによって皮膚障害や火傷、切傷などといった肌トラブルが発生することもあります。術後すぐ現れることもありますが、中には時間が経ってから現れるトラブルもあるので、気づいた時点で美容外科へ来院して診てもらいましょう。

いつまでも綺麗な顔になろう!アートメイク術の詳しい話はコチラ

女性

安心して施術を受けよう

もしアートメイク施術を受けて好みの仕上がりでない場合は除去することも可能です。自然に消えないので完全に除去したいならレーザー治療などを受けましょう。口コミで評判の声が多いアートメイクですが、実際に受けた人達の声もチェックしましょう。

READ MORE
広告募集中